プロテイン摂取について

栄養相談Q&Aプロテイン摂取について
プロテイン摂取について
yokosuka Staff 質問日 6か月 前

ご質問をお願いします。
体力作り(アンチエイジングも兼ねて)のためのプロテイン摂取について、プロテインの種類、摂取方法など総合的に考えています。
現 状
78歳 男性 中肉中背 3食を規則正しく取り、日々からの各食事は栄養価も考えバランスもとれていると思います。
朝と日中には1時間程度の早歩きでの散歩、夜は30分から1時間程度の水泳、を毎日、あとは月に2回程度のゴルフ(カートには極力乗りません)を実践しています。  同年代の方よりは比較的、体力があると思います。
唯一、このところ腰痛に悩んでおり、様々な施術を試しましたが、姿勢の矯正とストレッチでの改善が今のところベストかと思っています。
腰についてはストレッチと運動を施していますが、それを補うプロテインを検討しています。
総合的にはなるかと思いますが、ピンポイントでの希望は、腹筋、腰回りの筋力増強による腰痛改善が目的です。
プロテインも多種多様のようですのでまずは、適正なものを探しています。
アドバイスのほどをよろしくお願いいたします。
 
 
 

閲覧数 520
回答(全1件)
hirotoshihirotoshi Staff 回答日 5か月 前

yokosuka様
ご質問有難うございます。
お返事が遅くなり申し訳ありありませんでした。
78歳という年齢にも関わらず、健康作りを意識されていてとても素晴らしいと思います。
腰痛の具合はいかがでしょうか?腰痛改善にも、ストレッチや運動は必要かと思いますので、無理のない範囲で行ってください。
 
さて、プロテインの件ですが、筋肉アップや、筋肉の維持でお使いになるかと思いますが、
 
結論をいうと、【食事でたんぱく質がしっかり摂れていれば、プロテインは必要ありません。】
【そして、正直どのプロテインがいいか、商品は私では分かりません。】
しかし、プロテインを摂るのであれば、ホエイプロテインとカゼインプロテインなど成分の違いがあるので説明しておきます。
 
ホエイプロテインは消化吸収が早いため、アミノ酸を骨格筋に素早く提供できます。しかし、エネルギー源としても使われやすいです。
カゼインプロテインは、吸収がおそいため、血中アミノ酸濃度を長い間維持したい場合はカゼインがお勧めです。
年齢も高いため、それほど激しい運動をしないのであれば、カゼインプロテインでもいいかなと思いますが、
消化吸収や代謝能力が衰えていることを考えるのであれば吸収の良いホエイプロテインがいいかと思います。
アミノ酸を摂りたいのであれば、【アミノバリュー・リハタイム・アミノケアゼリー】
などはBCAAを強化した高蛋白質の補助食品となります。
ギリシャヨーグルト(商品名:パルテノ・オイコス)も1個10g程度のたんぱく質がとれます。
 
バランスもとれている具合が分かりかねますが、食事のバランスが取れている
*ここでいうバランスとは、一汁三菜をイメージすることにします。
のであれば、概ねプロテインはいらないかと思います。
 
中肉中背ということですが、体重kg÷身長(m)÷身長(m)=18.5~25の範囲であれば標準的な体重かと思います。
実際は22前後くらいが適正体重とされています。25近くだと少し太り気味よりになりますので、やや食事量が多い可能性もあります。それでさらにプロテインは肥満の元となりやすいです。
 
プロテイン=筋力増強ではありません。
運動や筋トレなどがあって、筋肉刺激+栄養=筋力アップ・筋力維持となります。
*栄養とはバランスの良い食事を指します。プロテイン=筋力アップではありません
体重が現在60kgとしましたら、体重×1.2(係数)=72gのたんぱく質が摂れれば大丈夫です。
72gのたんぱく質とは
肉魚:100gあたり たんぱく質は20g前後
納豆1個・卵1個・牛乳200㏄・豆腐100g(1/4丁)・ヨーグルト150g   :たんぱく質6g前後です。
 
普段の食事でたんぱく質が摂れていないのであれば、足りない量をプロテインでとる方がいいかと思いますが、
普段の食事で事足りていれば、余計なたんぱく質はカロリーとなり脂肪となったり、腎機能の負担になったりしますので、過剰にとればいいというものでもありません。
 
腰痛の改善であれば、
肥満の場合は体重のコントロール
腰の可動域を上げるためにストレッチをするなどが効果的かと思います。*痛くない範囲で
 
参考になればうれしいです。
よろしくお願い致します。